医師求人サイトを利用して転職をする

医師は一体どのようにして転職をしていくのか、簡単にご紹介しています。

医師が転職をする際には医師同士のコネクションを利用して転職をするという方法がほとんどを占めています。従来はこの方法でしか転職を実現することは難しかったのですが、近年は医療制度の改変や医師本人の希望によって医師転職サイトを利用して個人で転職をする医師も増えてきています。
医師の転職はアスリートの移籍に似たところがあり、自主的に他の勤務先を調べて応募し面接を受けるといった流れではありません。医師転職サイトの場合は代理人を立てて、細かい交渉や契約書類の手続きなどは基本的に代理人に任せる形になります。

医師の世界は非常に狭く、大概はどの病院へ行っても誰かしらと繋がっていることがあり、お互いの情報を共有しやすい状況になっています。医学部での同期や上下級生、医局や研修で同期だった医師など、ほとんどの医局で誰かと繋がることになります。
コネクションだと知人を通じての転職なので転職までの流れ比較的スムーズに進むというメリットがある一方で、紹介してくれた医師のメンツを立ててあまり積極的な交渉に踏み込めなかったり、色々と面倒なことも多くて医師転職サイトで個人で進める人が増えてきています。

医師転職サイトは代理人を通して、医師本人と転職先と第三者の介入によって転職をしていくことになります。ゆえに医師本人の個人情報を第三者に渡すことになるので、医師転職サイトを利用する際には相当の信頼感がないと難しいでしょう。基本的に医師転職サイトを利用する際には大手のサイトを利用すると良いでしょう。求人案件も多く、成功実績もあり、医師とコンサルタントのコネクションもしっかりしています。口コミ情報などをしっかりチェックし、利用するサイトは慎重に選ぶようにしましょう。
まず医師転職サイトに本登録をする前に、仮登録の状態で担当のコンサルタントに相談してみるのも1つの方法です。自分のキャリアプランを話し、そのプランにあった求人案件を用意してくれるかどうか、話を聞きながら見極めればより確実に希望通りの転職を果たすことができるでしょう。

医師転職サイトを利用すれば、コンサルタントが転職理由を十分に把握しているため非常に話が進むし、希望転職先の医局の情報なども十分に情報収集をしていて説明を行ってもらえます。少なくともこの辺がしっかりしている医師転職サイトを利用するようにしましょう。トップページに来ているような医師転職サイトや、ランキングに掲載されているような企業は基本的に大手のサイトですので、複数登録してそれぞれのコンサルタントから話を聞いて見るのも効果的な方法と言えます。

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s

★いびき科の治療
医師が転職をする際には、今とまったく違った専科に移るということもあるでしょう。
転科をする場合には今無呼吸症候群やいびきの治療で需要が高まっているいびき科への転科を検討されてみてはどうでしょうか。
無呼吸症候群は肥満の方に特に多いですが、更年期を迎える女性にも無呼吸症候群が起こるリスクがあり、年々その数は増加しています。
まだまだ無呼吸症候群を治療するいびき科はマイナーな専科ですが、今後かなり需要が高まっていくことが予想されます。